大学生になってから金銭感覚の違いに気が付いた話。

私について
スポンサーリンク

はじめに

皆さんこんにちは。ブログ「大学生から始めるセミリタイア日記」をご覧いただきありがとうございます。私「しゃけづ」と申します。

今回は、「私が大学生1年生の時から感じている、金銭感覚の違い」について書いていこうと思います。大学に入学してから少なからず思う方はいるのではないでしょうか?

特に、パソコン教科書購入ついて2つ金銭感覚に違いを感じた場面を書きます。それではよろしくお願いします。

大学入学当初に感じた金銭感覚の違い

私は現在大学4年生ですが、大学に入学して他人とは違うなと特に感じた場面は金銭感覚についてでした。それは入学前にも思う部分はありました(学費以外で)。

入学前の金銭感覚の違い1つ目~大学生協のパソコン編~

入学前、とあるチラシが入ってきました。「大学生活を始めるうえでの相談会」のような内容でチラシが入ってきまして、何かと不安だったこともあり親と参加することにしました。相談会には他の親御さんや入学予定の方が来ており、個別というよりかは全員で話を聞くという形でした。詳細は運転免許の取得時期について、新生活に当たっての注意点、教科書販売についてなど非常に参考になるものでした。

その際に、「大学生活にはレポートや発表があるため、パソコンが必要になります」といった内容で「大学生協のパソコン」「電子辞書」を進められました。

ここまでは問題ないのですが、驚くべきはその価格です。パソコンは約15万円、電子辞書は約3万円と私にとっては高い部類の物に感じました。しかしそんな中、周りの親と入学予定の方は購入にあたっての契約書をその場で書き始めたではありませんか。2つの合計額は約18万円程ですが、その場で即決している様子を私はただ茫然と見ていました。

もしも、パソコンを購入するなら

これが私の大学入学にあたって一番初めに感じた金銭感覚の違いです。結局、私と私の親はその場では契約書にはサインせずその場から去りました。

その後、大学の授業に使うパソコンにしてはあまりにもハイスペックすぎであると感じた私は、メーカーのネットショップにてオフィスソフトを扱える程度の性能を持つ4万円ほどのノートパソコンを購入しました。2021年6月28日現在でも、大学入学前に購入したこのパソコンを使い、ブログを書いています。4年間、特にこのパソコンで困ったことはありませんし(YouTube見ながら複数タブを開くときついときはあるが)、壊れてもいません。大学入学に当たって必ずパソコンが必要かと言われれば、あったら便利という形でしたね。

なぜなら、大学にはコンピューター室があり必要に応じてパソコンを使うことが可能であるためです。また、オンライン授業が始まっている現在でもポケットWi-Fiやパソコンの貸し出しは行っています。お金を払わずに大学が行っているサポートを活用し、恩恵を得ることができます。

もしも大学生になりパソコンを買うとしたら、大学生協で販売するパソコンはオーバースペックかもしれません(文系学生の場合は)。確かに見た目はかっこいいかもしれませんがね。しかし、レポートを書くにしても、多少プログラミングを行うとしても、そこまでの製品は私にとってはいらないと感じます。何に使うためのパソコンかを考えれば、いらない性能や保険をそぎ落とすことで使うお金を減らすことは可能です。どうせ使わないのですから。

入学前の金銭感覚の違い2つ目~教科書編~

入学後、授業を行うために必用なのは教科書です。この教科書も当時の私にとっては馬鹿にならない出費ととらえていました。確かに、学費から見ればそこはもったいぶるものではないと思う方もいらっしゃると思いますが、教科書は1冊だけではなく結構な量を買わなくてはいけない物なのです。しかも、1冊の値段は1000~6000円ほどにもなります。

ここでも周りの友人は躊躇なく新品の教科書を購入していました。これを見てやはり、私と周りとでは金銭感覚に違いがあると感じました。

教科書を購入する際には

私自身、教科書を購入するお金も何とか少なく済ませられないかと考えていて、その中で考えついたのが、大学最寄りの中古ショップでした。訪れてみると意外と授業で指定された教科書が多くありました。新品で1500円の商品は500円ほどで購入出来ましたし、3000円の教科書も半額ほどで売られていました。買って授業を行いましたがもちろん問題はありません。予定していた費用の半分以下で教科書を購入することができました。

また、中古で買った場合、前の持ち主が重要な箇所にマーカーを引いている場合があるのでテスト等では大いに役立ちました。

しかし、2年生からは中古ショップに行く手間を考えるようになり、フリマサイトを用いるようになりました。こうした場合の方がショップを挟まない分安く手に入れることができましたし、探す時間も大幅に短縮可能です。皆さんにお勧めします。

まとめ

これまで大学入学前後で金銭感覚の違いを感じた場面について、パソコン購入教科書購入の2つについて挙げさせていただきました。安いと思える金額、高いと思える金額は人それぞれであると思いますが、少しでもお金を節約したい方は用途に合わせてパソコンのスぺックを検討することや中古の教科書を購入することで実現が可能です。

現在でも金銭感覚のギャップは時より感じますが、何とかやっています。今後の記事でも上記の例以外にも金銭感覚の違いを感じた場面を書いていこうと思っています。

いらない部分のお金を削ることで他に回せる自由なお金は増えます。大学生活もより楽しくなると思いますので、興味のない方も検討してみてください。

今回は以上になります。それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました