体調を崩した時に「健康が一番」と毎回実感する。

私について
しゃけづ
しゃけづ

こんにちはー。「しゃけづ」でーす。

最近、コロナワクチンを打って副作用の熱・頭痛でダウンしていました。

しかも2回ともです。

原因は何であれ、体調を崩したときに必ず思うのは「健康が一番」ということ。

今回の記事は、そんな内容です。

スポンサーリンク

コロナワクチン1回目の副作用は軽いと思っていた・・・

私はファイザー製のワクチンを2度打ち終えました。

周りの友人は1回目に「腕が痛い程度」2回目に「熱・頭痛」という症状があった方がほとんどで、私自身も

しゃけづ
しゃけづ

流石に1回目は大丈夫か・・・

と、高を括っていました。

ところが、1回目のワクチンを打った次の日、「38.5℃の熱・頭痛・倦怠感」がしっかりと出ました。

感覚的には風邪よりもつらい感じ。

そんなわけでその日は何もできずに寝ていました。熱が下がったのは次の日の朝。

薬を飲んで何とか治ったみたいです。良かった。

大切な予定があったので危なかった・・・

尚、2回目も同様の副作用できつかった。

スポンサーリンク

毎回思うのは「健康が一番」ということ(すぐに忘れる)

こんな感じで、体調を崩したときに毎回思うのが「健康が一番」ということ。

しかし、こういった感情は普段の「健康な状態」だとあまり感じない。

「失って・危機を感じて初めて気がつく」というやつですね。

厄介なのは、体調を崩して「健康が一番」と思ったとしても、再びその感情を忘れてしまうことです。

ワクチンの副作用に限らず、他の原因で体調を崩した時にも毎回「健康が一番」と思いますが、体調が良くなった途端にまた、

「多少無理しても大丈夫」「遅くまで起きていても大丈夫」「体調が悪くなっても何とかなる」

と不摂生な生活を繰り返してしまうのです(私の場合)。

自分の中では経験済みで分かっているはずなのに、なぜか

体調を崩して健康のありがたみを実感 →

体調が良くなり健康のありがたみを忘れ再び負担を掛ける→

体調を崩して健康のありがたみを実感 ↩

どうしてもこのサイクルを繰り返してしまうんですよね(笑)。

今ある当たり前に感謝して生きて行けるようになりたいものです。

今回の記事は以上になります。

しゃけづ
しゃけづ

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました