FIRE・セミリタイア

【米国超長期債ETF】EDV30万円分購入。

給料が振り込まれた!

23/11/24給料が振り込まれました。

今月は10万円程の投資ができる。

それと、前にコメダホールディングスを売ったお金を遊ばせていたので

給料の余り+25万円ぐらいで1月権利日銘柄の「積水ハウス」を購入しよう。

・・・と言うのが当初のお金の使い方だった。

で、いざ買おうと思っても

これからの住宅市場に対して良くなるビジョンが見えない・・・

買うにしても、決算を待つ。という判断になりました。

代わりに何を買おうか

うーん。

方針として、現金は100万円持っておけばOKと考えているので、あぶれた30万円程をこのまま遊ばせておくのは非常にもったいない。

かと言って、他の日本株も高値圏なのかなと思ってなかなか買えない。

前に債券の含み損が凄い。みたいな記事を上げたのですが、改めて考え直しても妙味がありそうなのが債券(特に米国)これぐらいしか思い浮かばない。

株のリスクプレミアム。今は低いと思うので投資するのであれば金利が高くインカムが見込める且つ利下げを織り込んだ際の上昇を狙って生の米国債券。もしくは米国債券ETFを購入することが期待値が高そう。

と言うことで、

懲りずに米国長期債ETFを約30万円分購入しました。

何を購入したのか

ETF

今回何を購入したかと言うと

米国超長期債ETF:EDV 30株

長期債ETFを買う理由はキャピタルゲインが狙えるからと言う理由だけです。

「いつかやってくる」事象の中で一番早く実現しそうなのが「利下げ」なのでは(あと1年ぐらい)?と個人的には思います。

読みが外れてもう2~3年先まで利下げが開始されない場合でも、利下げ開始まで分配金を貰って耐えていこうと思います。

分配金は3ヶ月に1度。1.4.7.10月 取得額からの分配利回り4%

全然悪くないと思う。

円高になれば損になりますが、今後もドルで運用したいと思うので円に戻すのは少し先になりそう。為替に関してはどうなるか分からないのでその時に考えます。

長期債ETFだと利付債で構成されるTLTは持っているのですが、EDVはストリップス債で構成されているので値動きにどのような違いが出るのか気になるところ。

そういった部分についても比較しながら見ていければ良いですね。

米国債券ETFは今回のものを含め200万円程お金を入れました。これが今後膨らむか縮むか・・・2024年見ものです。

ABOUT ME
しゃけづ
「しゃけづ」と申します。労働を始めて2年目。人生の選択肢としてFIRE・セミリタイアを加えるために奮闘中です。 2025年中に総資産1000万円を目指しています。 今使っている腕時計が止まったらFIREします。それまで後悔が無いよう生きるつもりです。