FIRE・セミリタイア

今使っている時計が止まったらFIREするって位で。

本音を言えば今すぐFIREできるものならして、自由な時間と精神的な余裕を手に入れたいものではあります。

が、そんなことは一朝一夕には成し遂げられません。

500、1000万円での低資産FIREは個人的には合っていないように感じるので、せめてそれ以上は資産を持った状態で今の仕事を辞めれたらなと思います。

しかし、こんなモチベーションで仕事が続くのかと考えると中々難しいかもしれません。

そんな話は置いといて・・・

私が目指すのはあくまでも経済的自立を行った上でのFIREです(FIREの中には経済的自立が含まれてはいますが、あえて強調します)。

となると、何か運が良くない限り、最低でも十数年は必要になるかもしれません。

資産を何時迄にどの程度まで増やすのか計画も必要だとは思います。

でも皆さん。考えてみてください。そしてこのように思わないでしょうか?

長すぎるっ・・・!!! 

時間を意識すればするほど、長く感じる。計画を綿密に立てれば立てるほど将来の遊びが無くなり窮屈になる。

そして、ついには目標に達成する前にたまらずFIを達成しない状態でリタイアしてしまう。もしくは、理想の条件を満たさないまま期間だけを大幅に引き下げてしまう。

そんな考えが頭をよぎります。先走りです。

計画をガッチガチに立ててしまうとそれまでの過程がかなり辛くなってしまうのが私と言う人間です。

楽しいはずの旅行プランを決める時も私はあまり決めずに衝動的に出かけることが多いです。

仮定であれ未来を確定させてしまうと、突然つまらなく感じてしまうのが原因です。

年間○○円を投資に回す生活を○○年行い○○年までに○○円を達成して配当金は○○円利回りは○○%で・・・っていう。

何が言いたいかと申しますと。

自分で勝手に将来を確定させず、いつ何が起こるか分からない状態にする。そのぐらい不確実の方が、予め決まっているよりも長く続けられるかもしれないということです。

だからと言って無計画すぎるのも良くはないのですが、

計画の終わりを意識するよりも気が持つかもしれないっていう感覚はあります。

まあ、私の場合は、「今使っている時計が止まったら強制的にFIREする」くらいの心意気がちょうどよいのかもしれません(なんか新しいブログのタイトルにも使えそう・・・)。

いつ時計が止まっても良いように黙々とできることをやるだけです。ですが、いつ起こるかは分かりません。そのくらい不確実な方が個人的には楽しいです。

ABOUT ME
しゃけづ
「しゃけづ」と申します。労働を始めて2年目。人生の選択肢としてFIRE・セミリタイアを加えるために奮闘中です。 2025年中に総資産1000万円を目指しています。 今使っている腕時計が止まったらFIREします。それまで後悔が無いよう生きるつもりです。