「おたかぽっぽ」とは?個人的に気になったので調べてみた。

楽したいシリーズ・その他

皆さんこんにちは。ブログ「大学生から始めるセミリタイア日記」をご覧いただき誠にありがとうございます。私「しゃけづ」と申します。

皆さんは「おたかポッポ」という物をご存じでしょうか?今回は、私が最近気になった謎のワード「おたかポッポ」について説明したいと思います。それでは、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

「おたかポッポ」とは何だ?

それでは早速「おたかポッポ」についてWikipediaを使って説明文を見ていきましょう!

、、、と思ったのですが、ネット検索にて「おたかポッポ」「意味」と検索したとことろ、Wikipediaにて「笹野一刀彫」というワードが一番に出てきました。

コシアブラの丸木を、サルキリと呼ばれる刃物で削って簡単な彩色を施したもので、米沢市笹野地区の農民によって伝統的に製作されてきた。代表的な題材は「お鷹ポッポ」と呼ばれる鷹の彫物で、この他に「鶏」(1969年年賀切手図案)や「もちつきウサギ」、「蘇民将来」、「恵比寿・大黒」、「笠かむり農婦」、「カメ」、「せきれい」などがある。

Wikipedia笹野一刀彫より

あぁ、なるほど。「おたかポッポ」改め「お鷹ぽっぽ」という物は、「笹野一刀彫」という手法で作られた彫刻の「題材の一つ」なのですね。他にも作品があるのか・・・

他のサイトにも「お鷹ぽっぽ」についての記述があるので引用します。

「お鷹ぽっぽ」に代表される笹野一刀彫は、山形県米沢市笹野地区に伝わる木彫玩具です。

お鷹ぽっぽの“ぽっぽ”とは、アイヌ語で“玩具”という意味。

米沢藩主上杉鷹山公が、農民の冬期の副業として工芸品の製作を奨励したことにはじまり、魔除けや“禄高を増す”縁起ものとして、親しまれてきました。

東北STANDARDお鷹ぽっぽより

「お鷹ぽっぽ」は山形県の工芸品なのですね。農民の副業として作られたことから「木彫りの熊」的な立ち位置なのですかね?

それよりも「ぽっぽ」に意味があるとは思ってもいませんでした。語呂がいいからつけたとばかり・・・

魔除けや縁起物ということですが、見た目はどんな感じなのでしょうか。早速画像で見てみましょう!

上のような感じみたいです。「羽の部分が一刀彫によって再現されている」みたいですね。一本の木材から作られているようで、これを見ていると職人さんの技が重要であることがわかりますね。

実際に作ろうとすると難しいのだろうなぁ…という想像は容易につきます。

「お鷹ぽっぽ」との出会い?

私が初めに「お鷹ぽっぽ」と言う全く聞きなじみのない「ワード」に出会ったのはアルバイトを行っている際でした。

サービス業で施設に来たお客様への対応を行っていたのですが、その際に杖をついたおばあちゃんがにっこりとした笑顔で「この間ねぇ、おたかぽっぽを見てきたのよ」と話しかけてきたのです。

まったく聞いたこともない言葉だったので内心

「???×100」

だったのですが、「イカのぽっぽ焼き」のようなやつか?と思った私は

「それはよかったですねぇ( ^ω^)・・・」

という謎の返答をしたことを覚えています。

その後、速攻でgoogle先生に質問しました。

この場を借りてそのおばあちゃんには「適当に返事をしてごめんなさい」と謝罪させていただきます。

という訳で以上が私とお鷹ぽっぽとの馴初めだったのですねぇ。はい。

意外とかわいいやつ「お鷹ぽっぽ」

以上では「お鷹ぽっぽとはどのような物か」、「私がお鷹ぽっぽと出会ったきっかけ」について書かせていただいたのですが、ここでは最近のお鷹ぽっぽについて書かせていただきます。

お鷹ぽっぽの置物って大体大きいんですよね。そのような中で、現代にも受け入れられるような、広い世代にも残せるようなサイズ・デザインのお鷹ぽっぽを作っている職人さんもいらっしゃるようです。

それであれば、気軽に家において楽しむこともできます。代表的なものとして「キーホルダー型」のお鷹ぽっぽが販売されているようです。

小さいながらも一つ一つ職人さんが手作りしているみたいです。

かわいいので是非調べてみてください!

このブログにて画像を貼っていない理由はお鷹ぽっぽのフリー素材がないことと、大手通販サイトにもお鷹ぽっぽの販売は行っていたとしてもキーホルダー型のものがなかったのでお勧めできませんでした。

本当に申し訳ないです。ということで、ご自身で「お鷹ぽっぽ」「キーホルダー」で調べていただければ大手通販サイトの後くらいに販売サイトがヒットすると思います。小さくなった工芸品を愛でるのも悪くはなさそうです。

ということで今回は以上になります。それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました