FIRE・セミリタイア

早寝早起きって金を使わない上で結構大切な要素かも

こんにちは。しゃけづです。

予算を定めてそれに向かって又はその範囲内で金を使う。

無駄な物にお金は使わず、自分が楽しめることに対しお金を全力で使いたい。

できる限り消費を抑え、金を使わない。

そういった生活をするなら、「早寝早起き」というものは重要なものであると最近感じる。

早寝早起きと言っても、「夜の9時に寝て日の出とともに起きる」みたいな極端な物ではなくて、「日を跨ぐ前には布団に入り目を瞑り、翌朝出勤1~2時間前には起きている状態」

これが意外と自分の財布の中にある金を逃がさないことに繋がると感じる。

理由は以下の3点だ。

・深夜テンションの散財が無くなる

・朝余裕があると水筒に飲み物を入れたり、おにぎりやお弁当を作る等準備ができる

・身体的、メンタル的に健康な状態を保つことができ、結果お金が掛からなくなる

夜中にグダグダ動画やAmazonを見たりでほしい気持ちにさせられたものをその場のノリで購入してしまう。

昼間は惰性でコンビニ弁当・自販機でペットボトル飲料を購入してしまう。

夜更かしすることで体がだるい。メンタル的にも不安定になる。最悪、病気になり通院しなくてはいけなくなる。

こういった事態の可能性が少なくなるだけでも、素晴らしいと思わないだろうか。

1日に何円節約できるだろう。自分の財布に何円お金を残すことができるだろう。

580円のコンビニ弁当。150円のペットボトル飲料。1日730円以上のインパクトがあるかもしれない。

20日出勤で月1万4600円の節約だ。

惰性で使う1万4600円か、なにか好きなことに使う1万4600円か。

そう考えるだけでも楽しい。

また、金を財布に入れるための努力がしやすくなるとも感じる。

私は夜型人間かと思っていたが、朝は意外と夜よりも集中できる。

資格関係の勉強をしたり、ブログを書いたり、運動したり。リフレッシュした状態で本当に集中したいことに時間を割くことができる。

これは将来的な収入を伸ばす上でも大切だと思う。

1日が終わるのがなんだかもったいなく感じてしまい、夜更かししてしまう現象はあると思うが、その夜更かしした時間で何か有効なことができたか振り返ってみるとそんなことは無い。

大抵ぐだぐだ作業して終わるか、何もしないで過ごすか。

であれば、ちゃんと寝ようと思う。

ABOUT ME
しゃけづ
「しゃけづ」と申します。労働を始めて2年目。人生の選択肢としてFIRE・セミリタイアを加えるために奮闘中です。 2025年中に総資産1000万円を目指しています。 今使っている腕時計が止まったらFIREします。それまで後悔が無いよう生きるつもりです。