新卒1年目。2022年度。何円投資と貯蓄に回せたか。

家計簿&つみたてNISA

いまさらかよ。と思うのだけど、2022年度の投資・貯蓄に回した金をいったん計算してみたいと思う。

こういったことができるのも、毎月家計簿をつけているおかげ。

さて、どのくらいの額になるか・・・

スポンサーリンク

月の貯蓄・投資額(合算)

入社した2022年4月~2023年3月までの貯蓄額はこんな感じ。

2022年 貯蓄額(円)
1月
2月
3月
4月 ¥60,786.00
5月 ¥88,368.00
6月 ¥87,165.00
7月 ¥177,031.00
8月 ¥122,338.00
9月 ¥133,647.00
10月 ¥144,454.00
11月 ¥99,227.00
12月 ¥379,152.00

2023年
1月 ¥190,382.00
2月 ¥105,432.00
3月 ¥107,079.00

合計 ¥1,695,061

初年度にしてはなかなか頑張った方だと思う。

今年からは住民税が引かれるようになるので、去年よりもしかすると投資貯蓄が上手く行かない可能性もあるけれど、その分を株の配当金や不用品の売却で埋めることができればまだ何とかなりそう。

貯金は良いのだけれど、たまには息抜きしつつ、ちゃんと食事もとりつつ。健康的に生活するのが今年の目標だろうか。

金を使うところは使って、使わないところは徹底的に使わない。買いたいものは十二分に考えてから買う。

メリハリ持って、過ごして行ければと。

・・・来月の家計簿が貯蓄分を抜きにしても赤字になる可能性が高いことは気がかり。

※私のバイブル

最後付近の章でなぜか美術品がどうの自炊がどうのと筆者の押しつけが始まる

まともな気持ちで読むとばかばかしくなる

堅実。ただその一言のみ

以上しゃけづの一言書評。

コメント

タイトルとURLをコピーしました