日記

2022年:6月27~7月3日(考える時間の無さ・研修で他県へ・仕事が楽しい?・入社3ヶ月目・寸志・残業4時間に迫る・留学した友人)

6月27日:考える時間の無さ

朝早く起きて、働いて、疲れて帰ってきて、寝て、また朝起きて、、、

最近はこの繰り返しだ。

日記を書く余力も、ブログ記事を書く余裕も、お金のことを考える時間も、人間らしい生活をする自由も最近はほとんどない。ように感じる。

残業は当然のようにある。というか、仕事が終わらない。

周りも当然のように帰らないし、帰りづらい。

その分金が入るのは良いことではあるが、何とも言えない気持ちだ。

疲れていて、考える力はない。

6月28日:研修で他県へ

入社からもうすぐ3ヶ月。

節目だからか、研修がある。小倉トーストで有名なとある県へ行くことになった。

スケジュールがあまりにもギリギリで送られてくるものだから、何なんだと悪態をつく。

最近会社の嫌な部分にばかり目が行く。

あまりにも杜撰で、ため息が出る。

だが、これを変えようとするものは誰一人現れない。

6月29日:仕事が楽しい?

研修先で、上司から「仕事は楽しいか?」と尋ねられた。

本当は、「仕事に楽しさなど必要あるのか?」と聞き返したいものである。しかし、表面的にはそう答えられない。

取り敢えず「新しいことばかりでまだ分かりません」と訳の分からない返事をする。

仕事なんて楽しめるのだろうか?

上司の武勇伝を聞けば聞くほど(深夜まで仕事したとかこの頃は辛かったとか)、この人は何をやっているんだ?という疑問ばかりが湧いてくる。

大きな責任と時間に追われる作業の中で、「楽しい」という感情は私の中で芽生える気がしない。

そんな中で「楽しい」なんて感情が出た際には、身も心も洗脳されたころなのだろうと思う。

研修を終えて、移動して、家に着いたのは23:00。

明日も仕事か。

同期に会えたことが唯一の救いであった。

6月30日:入社3ヶ月目

仕事が終わった。

スマホを見るとLINEの通知が1件。

友人から「3カ月たったぞ」と一言。

あぁ。なんだかんだ3ヶ月経ったのか・・・

それほど時間が経っていないのに、学生の頃が妙に懐かしく感じる。入社前は、「もしすぐ辞めたらどうしよう」なんてよく言っていた。

そんな私でも3ヶ月。

慣れない土地で、慣れない人と、慣れない仕事を行うことができている。

出勤時間:8:50

退勤時間:20:00

7月1日:寸志

このクソ忙しい時に人事部と面談らしい。

もっと時間を考えてもらいたい。

話の内容は、「新入社員はボーナス査定時期から外れているものの、今年は少ないながらもボーナスがでます」とのこと。

うん。それ前日に上司から聞いてるんだわ。

で、後で銀行を確認したら4万と数千円が入金されていた。

・・・

お金を貰ってこんなに嬉しくないことがあるのだろうか?

貰えるだけましなのかもしれないが、苦労に見合ってなさすぎる。そう感じた。

なんだよこれ、寸志じゃねーか。

いい条件のバイトの方が貰えてるよこんな額。

7月2日:残業4時間に迫る

繁忙期。それは残業祭り。

繁忙期。それは自由が無くなるとき。

今日は1日が長かった。人手が足りない部門に応援に行き、そこから3時間ほど作業を行った。

「何やってんだろ。」

単純にそう思った。

単純作業は向いていると思っていたが、これはこれで辛いことがわかった。同時にそれじゃあ、俺には何が向いてるんだよ。と嫌になった。

退勤は22時。

自分にこんな体力があったのは驚きだ。

頼む、給料だけはそれなりに高くなっていてほしい。

出勤時間:8:45

退勤時間:21:55

7月3日:留学した友人

今日は休日。

しかし、いつもの休日とは少し違う。

前から楽しみにしていた、留学していた友人に会える日だ。

夕方、羽田に迎えに行くと見覚えのある顔が。

働き始めて以来、友人と直に会っていなかったので嬉しさがこみあげてきた。

「何食べようか」という話になり、寿司を食べることになった。

やっぱり、米と生魚は日本だからこそ楽しめるもののようだ。

うまい寿司とうまいビール。

短い時間だったが、近況と土産話を聞けたのは嬉しかった。

また、会える時は来るのだろうか。次会えたときはお互いどんな姿だろうか。

私も、仕事で腐ってないで、何かに向けて進んでいく必要がある。

ABOUT ME
しゃけづ
「しゃけづ」と申します。労働を始めて2年目。人生の選択肢としてFIRE・セミリタイアを加えるために奮闘中です。 2025年中に総資産1000万円を目指しています。 今使っている腕時計が止まったらFIREします。それまで後悔が無いよう生きるつもりです。