映画「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」に「しれっ」と登場した企業・商品をネタバレしないように6つ紹介!

映画に登場する企業・商品
しゃけづ
しゃけづ

こんにちはー。「しゃけづ」でーす。

皆さんは2021年10月1日に公開された映画「007ノー・タイム・トゥ・ダイ」ご覧になりましたか?

今回はこの映画に「しれっ」と紛れ込んでいる企業・商品を6つピックアップしてみました。

ちなみに、映画やドラマに実在の企業・商品を紛れ込ませる手法は「プロダクトプレイスメント(PP)」と呼ばれる広告手法のようです。

私はその「PP」に注目して映画を見ることが大好きです。

内容はあらすじ程度の記載で、ネタバレはないように気を配ります。

しゃけづ
しゃけづ

それでは、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

映画「007ノー・タイム・トゥー・ダイ」について

皆さんは「007」のことを「ゼロ・ゼロ・セブン」と読む派ですか?それとも「ダブルオー・セブン」と読む派ですか?

ちなみに、私は定まっていないです(笑)毎回話題に出すときに迷っています。

今回、映画館で「ゼロ・ゼロ・セブン」と発音しました。なんかこっちの方が言いやすかったので・・・

と、無駄話は置いといて。映画の概要についてです。

映画「007ノー・タイム・トゥ・ダイ」は2021年10月1日に公開された「007シリーズ」の最新作です。これで25作品目のようです。

しゃけづ
しゃけづ

歴史がある作品ですね。

現役を退き、平穏な日常を過ごしている主人公「ジェームズ・ボンド」が旧友の依頼をきっかけにまたまた頑張り始めるという感じの今作ですが、

この記事とストーリーはあまり関係ないので後は劇場でご覧あれ。

ちなみに、「007」の過去シリーズは2021年10月3日現在「アマゾンプライムビデオ」にて視聴が可能です。

物語の主人公「ジェームズ・ボンド」を演じるのは前作に引き続き「ダニエル・クレイグ」

一つだけ感想を言うと「筋肉が凄い。」

監督は「キャリー・ジョージ・フクナガ」

と、まあ概要はこんな感じでしょうか。

「007ノー・タイム・トゥ・ダイ」に登場した実際の商品・企業

それでは、本題に移らさせていただきます。今回紹介するのは映画に出てきた6つの商品・企業についてです。

もちろん他にも大量にあったのですが、そこは映画を実際に見ていただいて発見していただければと思います。間違っていたらごめんなさい(修正点あれば是非教えてください)。

なるべく記憶をたどって映画に出てきた順に紹介します。

たまごっち

やっぱり、始めは「ボンドカー」のメーカー・・・と思ったら先に出てきたのが「たまごっち」

たまごっちは1996年11月23日にバンダイから発売されたキーチェーンゲームであり、登場するキャラクターのことでもある。名称の由来は「たまご(Tamago)」と「ウオッチ(Watch、腕時計)」。企画、開発は横井昭裕。

wikipedia「たまごっち」

いや、こんな緊迫感のある映画で出てくるとは思わなんだ。

初めに出てきたときは「おや?」

と半信半疑でしたが、機械音が出てようやく確信しました。

しゃけづ
しゃけづ

完全に「たまごっち」やないかーい。

アストンマーティン(DB5)

設立以来イギリスを代表する高級スポーツカーメーカー。創業以来高価格帯のスポーツカーを中心に生産しており、品質を重視し、美しさを追求する車作りを一貫して手がけている。イギリスでは数少ない民族資本の高級車メーカーであり、1960年代より愛用しているプリンス・オブ・ウェールズからロイヤル・ワラントを授与されている。

wikipedia「アストンマーティン」

「ボンドカー」と言えば「アストンマーティン」ですよね。

「初代ボンドカー」と言えば良いのでしょうか?映画ではこれが初めに出てきて活躍します。

「ガトリング」とか「スモーク」とか、色々と機能がついている訳です。ロマンがありますね。

映画で「初代ボンドカー」を見ていてふと思い出されたのが、忠実に再現された実車(公道は走れない)が4億円で発売されたニュースです。

公道で走れないということは自分の「ひろーい庭」もしくは「サーキット場」なんかで楽しむんですかね。

しゃけづ
しゃけづ

私には縁のない話なのでミニカーでも見て楽しみたいと思います。

もちろん本作ではこの他にも「アストンマーティン」のカッコ良い車が出てくるのでお楽しみに(ヴァルハラとか・・・)。

エルメス

白いとてもおしゃれなバッグが作中には出てきます。

バッグには堂々と「H」のロゴが・・・そう。「エルメス」ですね。

エルメス(仏: Hermès)とは、フランスの株式合資会社 エルメス・アンテルナショナル社 (Hermès International, S.A.) が展開するファッションブランドないし商標である。フランス語において、人名が由来なので語尾のsは発音される

Wikipedia「エルメス」

今作のヒロイン「マドレーヌ・スワン」を演じる「レア・セドゥ」が作中序盤で持っていたものです。

ブランドものにあまり興味のない私でもわかるくらい存在感がありました。

しゃけづ
しゃけづ

バッグに関して詳しくないので、商品名まではわかりませんでした。

おそらく他にも洋服・スーツ等登場していたと思いますが、私にはさっぱりだったので今後詳しくなりたいですね。

トライアンフ(バイク)

途中でバイクが跳躍します。そのバイクは「トライアンフ スクランブラー」(詳しくないので合っているか分かりません)

トライアンフ・モーターサイクル(Triumph Motorcycles Ltd )は、イギリスを拠点とするオートバイ製造販売会社である。現存する最古のオートバイ製造販売会社であるが、その社名や経営母体は幾度もの変遷を経ている。

Wikipedia「トライアンフ・モーターサイクル」
しゃけづ
しゃけづ

バイクってあんなに高く飛べるんですかね?着地の時骨盤が大変なことになりそう・・・

ハイネケン

瓶ビール出てきましたね・・・緑色の瓶に丸で囲われたロゴ。おそらく「ハイネケン」

ハイネケン(オランダ語: Heineken オランダ語発音: [ˈɦɛinəkən])は、オランダのビール醸造会社及びブランド名。ハイネケン・ホールディングの主要ブランド(現在プレミアムブランドとして位置づけられている)。親会社とは別に、単独でユーロネクスト・アムステルダムに上場している(Euronext: HEIA )。

1863年にヘラルド・A・ハイネケンによって創立され、現在では世界170か国以上で販売、アンハイザー・ブッシュ・インベブに次ぐ世界第2位のシェアを占める世界的ビール会社。

Wikipedia「ハイネケン」
しゃけづ
しゃけづ

うまそう・・・

と同時にサッカー選手の「ポール・ポグバ」が記者会見中にテーブルにあった「ハイネケン」のボトルをどかす。というエピソードが思い出されます。

どうやら「ムスリム」とのことで、ビールが飲めないことが原因で起こったとみられています。

2021年10月3日現在では「ワールドデザイン」のボトルが出ているようですね。

ランドクルーザープラド

作品中盤から後半あたりでカーアクションがあります。その際にボンドが乗っていたのが、「ランドクルーザープラド」です。

追手の車には他にも「レンジローバー」などがいましたが今回は割愛。

今回出てきたものは画像よりも旧型のものでしたが、画像がなかったのですみません。とにかく古いタイプでした。

ランドクルーザー プラド(LAND CRUISER PRADO )は、トヨタ自動車が製造する中~大型スポーツ・ユーティリティ・ビークル(SUV)である。

ランドクルーザーシリーズのうち、ライトデューティ用途として位置付けられたクロスカントリー系の自動車で、当初日本国外では廉価なランドクルーザーとしての位置づけであったが、2代目以降は高級化と大型化が著しい。

Wikipedia「トヨタ・ランドクルーザープラド」
しゃけづ
しゃけづ

関係ないのですが、大体追手の乗っている車って「レンジローバー」ですよね・・・

偶然かな・・・

今回紹介できなかったもの

・メモ帳  :下の方に小さな字でメーカーっぽいのが書いてあったんだよなぁ・・・

・葉巻   :側面に名前が書いてあったが見逃した

・腕時計  :ぱっと見ではわからなかった。

・他の車たち:めんどくさくなった。

・洋服   :おしゃれなのはわかる。

・ウイスキー:なに飲んでたのかなぁ・・・

などなど・・・

と、私が無知すぎて紹介できなかったものは大量にありましたが、そこのところは劇場で確認してみてください。

他にも「シルベスター・スタローン」「アーノルド・シュワルツェネッガー」W主演の映画「大脱出」について映画に「しれっ」と出てくる商品や企業について紹介しています。興味があれば是非。

しゃけづ
しゃけづ

迫力があって楽しめました!それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました